飼っている動物に必要なペット用品を通販で揃えましょう

高齢化や先天性の疾患など

動物病院

いつまでも歩けるように

ペット社会も生活や医療の充実などで高齢化が進んでいます。中でも飼い犬の高齢化は著しく、人と同じ介護ニーズが高まっています。その中で歩行に関することが多くを占め、犬は取り分け散歩にまつわる歩行を好むことから、歩行に支障がある状態は問題視されます。しかしながらこれまでは目立った対処法はなく、致し方なく寝たきりへと繋がった例が少なくありませんでした。それが近年は犬用の車椅子を利用する方が増えていて、寝たきりにならずに生涯を全うする例が増えています。車椅子は過去にも存在しましたが、専門的な知識のない方による手作りなど、手探りで試行錯誤されながら使用されていたものが目立ちました。それが近年は専門的知識を持つ方々の参入など、より本格的な車椅子が登場しています。それにより知名度が高まったことで、歩行が困難になった犬に車椅子を与える飼い主さんが増加の傾向にあります。歩行が困難になる理由は高齢化のみならず、犬の先天性疾患も増えている中、歩行が困難になる犬も少なくありません。そうした犬は生まれつき歩行出来ないこともあり、生後まもなくから車椅子を利用する場合もあります。それでも過去には生涯歩けないとされていた状態が、現在は車椅子のサポートにより歩けるようになることで、犬の生活の質も向上しています。歩行は全身状態に影響するので、なるべくならいつまでも歩けるようにすることが理想です。例え歩く距離が短く速度が遅くても、立ち上がるだけでも体の状態が良くなることがあるので、歩行が困難になったら車椅子を利用することが理想です。その場合は犬の様子を見ながら、その時々の体調や年齢などに応じて、犬の体に車椅子がフィットするように微調整をしていくことが望ましいです。